コンパクト・高音質で低価格。Youtuber必見のワイヤレスマイク「CKMOVA VOCAL X V2」

値段が安くて、高品質で、対談なんかも収録できるワイヤレスマイクないかな。

今回はそんなお悩みを解決します。

RODEのWireless GOやSYNCOのA2 G2など、コンパクトなサイズのワイヤレスマイクが数多く登場しています。
ワイヤレスのピンマイクは小さい声でもしっかり拾ってくれ、また、野外での撮影でも安心して録音ができる優れもの。

前回紹介したコンデンサーマイクとはまた用途が違うが、ワイヤレスマイクもYoutube撮影やVlog、またセミナーなどにかなり便利。

でも種類が多すぎてどれを選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回、CKMOVAというメーカーの「Vocal X V2 (税込29,800円)」という商品をご提供いただいたのでレビューしていきたいと思います。

提供 : CKMOVA / ワイエスイメージ

CKMOVA Vocal X V2 ワイヤレスマイ...

動画でのご紹介はこちら

目次

CKMOVA Vocal X V2 詳細

パッケージ・同梱物

箱を開けると、マイクのケースが登場。
持ち運び用のケースが付属しているのは地味に嬉しいです。

中にはこれだけのグッズが入っています。
コード類が多く、丈夫のチャックの中は割とギチギチ。

送信機と受信機、それからラベリアマイク(ピンマイク)も2つセットでついてきます。また、風切り音を低減する「ウインドジャマー」も付いてきます。
それからカメラに接続するケーブルや充電ケーブルも入っています。

充電はUSB-Cというのも好感度が高い。

説明書は英語のものが付属しています。ワイエスイメージ様で買うと日本語の説明書もついてきます。

Taku

ワイエスイメージ様はサポートが本当に手厚い!

今回ご紹介するCKMOVA Vocal X V2は受信機が2つ付属するものになります。1つでいい場合はV1の方をお買い求めください。

CKMOVA Vocal X V1 (税込21,505円)

CKMOVA Vocal X V1 ワイヤレスマイ...

詳細のスペック

CKMOVA Vocal X V2
周波数2.4GHz
使用範囲100mm
音声遅延(ミリ秒)≦5ms
バッテリー持続時間10時間
ヘッドホンモニター
LCDスクリーン
オーディオ出力モノ&ステレオ
内部・外部マイク
音声入力ライン入力・マイク入力
ミュート機能
ラベリアマイク付属
サイズ56mm × 38mm × 17mm
重量30g
金額29,800円

CKMOVA Vocal X V2のココがいい

  • 小型なサイズで手軽に使える
  • マイク内蔵& ラベリアマイクも付属
  • 10時間のバッテリー持ち
  • 2つのマイクの音声を個別に設定できる

小型なサイズで手軽に使える

マッチケース程度の大きさと、とてもコンパクト。

1つの重量は約30g。カメラの上に載せる受信機も、人につける送信機も重さが軽いので負担なく使えます。

マイク内蔵&ラベリアマイク付属

Vocal X V2は本体にマイクの穴が付いており、ここから音声を録音することができます。

ウインドジャマーも付属しているので、風切り音も減らすことができます。
この本体内蔵マイクを使えば、インタビューの時のハンドマイクのような活用もできますね。

さらに、本体だけでなくラベリアマイクも付属しています。
RODEのものを購入した場合はラベリアマイクがついておらず、自分で買う必要があります。

Taku

ラベリアマイクもいいものは結構値段も張るので、最初から付属してくれるのはとてもありがたいです

10時間のバッテリー持ち

一度充電すると10時間持つそうです。

2時間のセミナーを行う場合や、1日中回すVlogなど安心して使えますね。

2つのマイクの音声を個別に設定できる

V2の場合、送信機(マイク)が2つ付属しています。

それぞれの音量を個別に調整ができるので、声が大きい人と小さい人の対談などもバランスよく収録することができます。

簡単な使い方

使い方はそこまで複雑ではありません。

横にあるボタンを3秒押すとスイッチが入ります。
出荷時の状態ですでにペアリングの設定がされているので、電源をつければ自動的に接続されます。

2つの送信機それぞれのボリュームを個別で設定(1〜6での設定)ができます。

ラベリアマイクを指すと、入力はラベリアマイクになります。マイクが刺さっていないと内蔵マイクでの入力になります。

背面のクリップはホットシューにつけられる

受信機・送信機は共にクリップがついており、受信機はクリップをホットシューにつけることができます。

イヤホンジャックがないiPhoneやAndroidには、専用のコードが別売りしています。
(イヤホンの変換ケーブルでも使えるのかな・・・)

ワイエスイメージ様サイトより
Taku

XLRにも使えるので、楽曲制作の際にも活躍しそう

実際に使ってみて

  • 十分に使える音質
  • コンパクトなので持ち運びもしやすい
  • マイクの位置を気にしなくていいのは楽

十分に使える音質

Vocal X V2の音質は十分で、Youtube動画などなら問題なく使える音声です。

生配信のセミナーなどでも活躍しそうです。

コンパクトなので持ち運びもしやすい

送信機・受信機共に30g程度で、しかも専用のケースも付属しているので持ち運びも大変しやすいと思います。

送信機は本体そのものを首元につけたり、ラベリアマイク使用時はベルトあたりにつけたりすると思いますが、どちらも快適に使えると思います。

マイクの位置を気にしなくていいのは楽

スタンドタイプのマイクだと、マイクの前に立って(あるいは座って)話す必要があります。
ホワイトボードなどを使って講義をするなど、自分の位置がよく変わる場面ではスタンドマイクは不向きです。

ワイヤレスマイクはいつも自分の首元につけて置けるので、自分の立ち位置や向きを気にしなくてもいいので楽です。

競合製品との比較

ワイヤレスマイクを検討している人は、前述のRODE Wireless Go2とSYNCOのA2-G2、COMICAのBoomX-D2あたりが比較対象だと思います。

スペック比較は下記の通りです。

タイトル


CKMOVA
Vocal X V2


RODE
Wireless GO2

SYNCO
G2A2

COMICA
BoomX D2
使用範囲100m200m150m50m
音声遅延≦5ms≦4ms≦12.5ms≦22ms
バッテリー持続時間10時間7時間8時間5時間
LCDスクリーン(レシーバーのみ)
内部・外部マイク
ミュート機能
ラベリアマイク付属別途購入付属付属
サイズ56×38×17mm44×45×18mm52×42×17mm39×55×22mm
重さ30g32g39g29g
価格¥29,800¥45,100¥23,999¥24,216 
タイトル詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
CKMOVA Vocal X V2の特徴
  • 低価格ながら使用範囲も広く、音声遅延も少ない
  • バッテリー持ちは一番長い
  • 4つの中では機能・コストのバランスが一番いい
Taku

松竹梅でいうと竹。真ん中のランクで一番多くの人が満足する価格と質だと思います。

その他製品の特徴とおすすめの人

RODE Wireless GO2の特徴
  • Youtuber御用達とだけあって、質に関しては4つの中で一番上。
  • 使用範囲も広いため、広い会場でのプレゼンなんかでも安心して使える。
  • 質と比例して価格も高い。ラベリアマイクも別途購入が必要なので、ピンマイクとして使いたい場合は5万オーバーはする。
Taku

一番高いだけあって、品質も一番。もちろんこれを選べば間違いはないんだけど、Youtubeを始める人などにとってはややオーバースペックかも。

RODEのWireless GO2には内蔵メモリが搭載されており、音声のバックアップが本体にされます。音声がもし取れていなくてもバックアップから救出できるので、やり直しが効かないインタビューなどはRODEが安心かも。

SYNCO G2A2の特徴
  • 最安価ながら4つの中ではミドルスペックを維持
  • 音声遅延がやや気になる。
  • 2万円前半でラベリアマイクがついてくるのでコスパはかなりいい。
Taku

SYNCOは安くていいワイヤレスマイクで有名です。 CKMOVAほどのスペックがいらない人向きと言えます。

A2-G1という下位モデルも存在します。スペックは落ちますが、値段もグッと下がって1万円台で購入できます。ワイヤレスマイクがどんなものか触ってみたい人におすすめです。

COMICA BoomX D2の特徴
  • 発売日もおそらく一番早いため、他の製品に比べるとスペック劣ります。。
Taku

COMICA はBoom X-D Proという新製品をもうすぐ発売します。
RODEと同じく内蔵メモリを兼ね備えていたりするそうで、こちらも注目です。

新製品の動画はこちら

もちろん、スペックでの比較でしかなく、実際に録音できる音声の品質の差はスペック表には現れません。
欲しい商品のYoutube動画をよくチェックして、音質に納得したものをご購入ください。

「CKMOVA Vocal X V2」が最適解では?

他の製品とスペックを比べてみると、自分に合っているマイクがどれなのか、少しは方向性が見えてくるのではないでしょうか。

比べてみても、CKMOVAの製品はスペックも価格もかなり満足のいくラインかと思います。
それ以上を求める人はRODEを選ぶのがいいと思いますし、「値段が…」と気になる方はSYNCOを選ぶのがいいと思います。
CKMOVAはコスパ重視だけど、品質も維持して長く使えるものを求める人にピッタリだと思います。

この間ご紹介したSUM3と同じく、CKMOVAはコスパ・品質がかなりいい商品を出している企業です。
日本ではまだあまり知名度がありませんが、これからどんどん進出してくると思われます!

日本の正規代理店は今回ご提供いただいたワイエスイメージ様ですので、そちらのサイトもぜひチェックしてみてください。

ワイエスイメージ様のサイトはこちら

ワイエスイメージ(カメラ用撮影機...

Youtubeにも本格的に取り組んでいくので、SUM3とVocal X V2を相棒に頑張っていきます。
分かりやすい商品紹介や動画解説などをしていく予定なので気になる方は閲覧・チャンネル登録よろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ワイエスイメージ様の紹介動画はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次