【簡単移行】Evernote→Notionのススメ

過去に映像などの学習した内容をEvernoteで記録しているという記事を書きました。

その当時からEvernoteの仕様が変わり、それに合わせて使うツールをNotionというものに変更しました。今回はEvernoteからNotionに移行した理由や実際の使い方をご紹介しようと思います。

あわせて読みたい
Evernoteで映像制作の備忘録 【象のアイコンでおなじみの「Evernote」】 ノートアプリの王様的ポジションにいる「Evernote」。 僕はAdobeソフト、特に映像系のAfter Effects・Premiereのメモをとっ...
Notion - Notes, projects, docs
Notion – Notes, projects, docs
目次

なぜEvernoteを使うのをやめた?

Evernoteはクラウドで同期ができるし、いろんなアプリと互換性もあるしとにかく便利でずっと愛用していました。しかし、2020年の10月に台数制限のルールが変わりました。

今までは、 アプリは2台のデバイスまでOK/ Webからの接続は2台にカウントされない というルールでした。それが、 Webブラウザからの接続も含めて2台まで というルールに変わりました。

僕は今までiPhoneとiPadにアプリを入れて、PCからはWebブラウザでアクセスしていたのですが、 PCで使うためにはiPhoneかiPadのどちらかの使用をやめなければいけなくなったのです。

台数制限を解除するにはサブスクリプションに入らなければならなかったため、この機会に別のサービスを利用しようと思いNotionを見つけました。

Notionのメリット/デメリット

実際に使い始めて1週間程度ですが、気がついたメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

ノートとしてまとめられる

ノート一覧

Evernoteユーザーならお馴染みのノート機能。

Notionでもジャンルごとのノートを作成することが可能です。 それぞれの文章にタグをつけることもできます。 逆にいうと整理整頓のルールをしっかり自分で考える必要があります。

文章の操作がしやすい

見出しの表示の仕方は/(スラッシュ)を押すといくつか選択肢が出てきて、H1やH2を選択すればOK。めちゃくちゃ便利やん。

見出し表示

仕切り線は-(ハイフン)を3回押すだけ。

Enterを押すと「段落」として改行されます。 それぞれの段落は左のアイコンをクリックすることで自由に移動させたり、カラムの数を増やしたりできます。 段落の中で改行をする場合は、Shift + Enterでできます。

昔は文章量に制限があったようですが、今は制限がなくなったらしいです。 どこまでも使いやすい。

台数制限がない

Evernoteをやめた原因の台数制限。Notionでは特に台数制限は設けていないようです。 NotionにはWebブラウザから入ることもできるし、専用のアプリもPC・スマホともに用意されています。

タスク管理や議事録作成にも使いやすい

元々のテンプレートにTaskListやMeeting Notesが入っています。

全然まだまだ使い方がわかっていないですが、ホントなんでもできそうな機能がいっぱいです。

好きなアイコンやヘッダーを使える

それぞれのリストを管理するアイコンや、記事それぞれのアイコンは自分でカスタマイズできます。

ブログの記事だったら「下書き」「未公開」「公開済み」などでアイコンをわけると見やすくなるかも。 アイコンは絵文字を使えたり、自分で好きなアイコンをアップしたりできます。

それぞれのリストのヘッダーも自分で設定できます。 写真をアップロードするもよし、Unsplashというフリー写真のサイトと連携しているのでおしゃれな写真をその中から探すもよし。 こういう機能って地味にテンション上がりますよね。

カスタマイズ好きな人はもっと活用アイデアが生まれるかも。

デメリット

表記が英語しかない

最大のハードルはメニューなど日本語の対応がしていない点です。 機能さえ一度覚えてしまえば問題はないのですが、とっかかりにくいかもしれません…

日本語で解説してくれている人もたくさんいます。

機能が豊富すぎる

ノートだけじゃなくてカレンダーだったり、タスク管理だったり、表だったり。 できることがかなり多いので、逆にどうやって使えばいいか悩む人も多いかも。

日本にもNotionのファンの人がたくさんいるので、その都度Googleで検索したらいいかと思います。

Evernote→Notionの移行の仕方

従来Evernoteでたくさん書いてきたノートたち。

Evernoteリスト



これらのノートを簡単にNotionにコピーすることができます。

①Notionにログイン

新規のアカウントを作成してNotionにログインします。 Googleアカウントなどと紐づけることも可能です。

②Importを選択

import選択

左のメニューよりImportのボタンを押します。 すると、いろんな外部サービスのアイコンが並んだ画面が出てきますので、 Evernoteを選択します。

③Evernoteにログイン

Evernoteを選択



Evernoteを押すとログインの画面が出てきます。 ログインをすると承認を求められますので、承認をしてください。

④移行するノートを選択

移行するノートを選択する画面が表示されます。 Notionに移動したいノートを選択肢Importで終了。

ノートのグループ分けもそのまま導入できるので本当に便利です。

これからの使い方

ブログの下書き

従来Evernoteで書いていた下書きをこれからはEvernoteで書いていこうと思います。 見出しや段落はある程度WordPressと互換がありそうなのでストレスなく書いていけます。

iPadやiPhoneにもNotionのアプリを入れて、どこでもブログが書ける環境にしていこうと思います。

iPhoneのUIもシンプルで使いやすい。

ソースコードのメモ

webデザインも少しかじっているので、ソースコードのメモにも使おうと考えています。

 

こんな感じでソースをメモとして残すことも簡単にできます。見やすくって便利。

まだまだ使い始めて間もないのですが、出だしからいい感じだぞNotion。
使っていてまた新しい使い方など始めたら紹介しようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

notion-evernote-icatch

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる