65W KOVOL 4-IN-1をレビュー。据え置きにも旅行にもおすすめの充電器

  • 65W KOVOL 4-IN-1の使用感が知りたい
  • コンパクトでPC充電までできる充電器が知りたい

そんなお悩みを本記事では解決します。

今回はPD充電まで対応したKOVOLの充電器をご紹介していきます。

デスクに置きっぱなしにしてもよし、旅行などの持ち運び用の充電器として使うもよしと、用途が幅広いので万人にお勧めできる商品です。

良い点
気になる点
  • 最大65W出力なのでノートPCにも最適
  • USB-A×2+ USB-C×2の合計4つの充電口がある
  • gと軽量
  • 自動で電力の配分をコントロールしてくれる
  • 電源コードが若干重い
  • 本体が軽いので据え置きだとズレる
目次

KOVOL 65W 4-IN-1の外観と同梱物

商品はこんな感じのパッケージに入っています。

箱を開けると本体+同梱物が出てきます。

同梱物

  • KOVOL 65W 4-IN-1 本体
  • 電源ケーブル
  • 説明書
  • カード
Taku

ほぼ本体+電源ケーブルのみとシンプルな同梱物でした

KOVOL公式サイト:https://kovolinc.com

KOVOL 65W 4-IN-1 のスペック

KOVOL 65W 4-IN-1 を簡単にまとめてみました。

サイズ‎4.5 x 0.45 x 7.6 cm
重さ298 g
最大出力65W
ポート数PDポート*2 + QCポート*2
対応PD3.0/QC3.0/PPS
安全保護機能過電流・過充電・過熱、ショート防止機能
海外対応世界各国の電圧(AC100-240 V)に対応

急速充電に対応

最大65Wに対応しているので、多くのノートPCに対応しています。

また、PDポート*2とQCポート*2を搭載し、4台同時に充電が可能です。

USB-Aに単体で接続すると最大18wで出力が可能です。わずか35分ででスマホの充電が0%から80%になるんだとか。

対応しているPC

-MacBook Pro/MacBook 2018/MacBook 2017/MacBook Air(M1、2020)MacBook Air 13”(2018) / MacBook Air (2020) / MacBook 12” / MacBook Pro 13” (2019) / MacBook Pro 15’など

-Dell XPS 15 / XPS 13 / Inspiron 15 / Inspiron 14 など

-Lenovo X1 / YOGA730 / E490 /ideapad 720s-13 / THINKPAD X390

-Huawei MateBook 13 / MateBook X / MateBook X Pro 2019など

-Samsung Notebook9(950XBE)

-その他USB Power Delivery対応のノートPCに幅広く対応可能

接続状況に合わせて電力を最適に配分

Amazonより

全部で4ポートあるKOVOL 65W 4-IN-1 。

その4ポートの接続されるコードのパターンによって出力される電力が全て決められています

電力の最適化がされるので、安心して充電をすることができます。

GaN III「窒化ガリウム」を採用

本商品にはGaN III「窒化ガリウム」が採用されています。

窒素ガリウムは充電器で近年頻繁に使われるようになり、過熱を抑制しながら効率よく充電ができるようになるそうです。

1週間ほど使ってみた感想

これ一台で十分な電力&ポート数

一度に充電したいものって、PC・iPad・スマホ・カメラくらい。

4つのポートというのは僕にとっては十分でした。

それでいて、各ポートから出力される電力は最大が65Wとかなり出力が高いのも満足です。

僕が使用しているのは M1 Macbook Airなのですが、30Wの出力で事足りるので全く問題なく使えます。

Macbook Proになってくるとモデルによっては96Wや140Wなどが必要になってくるものもあるので、自分がお使いのPCに適しているかチェックしてみてください。

Taku

大きいMacbook Proなどを使う人はそもそも持ち運びを想定していないと思いますが・・・!

急速充電がこれだけできるのは嬉しい

ポートは2つあっても急速充電は片方しかできない、という制約がある充電器が多いです。

しかし、Kovolのこの充電器は3ポート使用していても状況によってはPDに対応してくれるということなのでかなり嬉しいです。

旅行先で複数端末を極力早い充電がしたい時にも大活躍してくれそう。

△電源コードが重くて固い

充電コードはACアダプター

本体とコンセントを繋ぐ電源コードが固くて長い。

据え置きの場合は気にならないけど、持ち運びする時には気になるかも。

Taku

持ち運び用はいっそのことコードじゃなくて直接コンセントに刺す仕組みでもいいくらいです。

△ 重さは軽いので据え置きとして使うなら工夫したほうがいい

本体は300gを切るので軽くて持ち運びやすいです。

一方、軽すぎてしまうため、据え置きでデスクに固定したくてもすぐ動いてしまいます。

直方体のどの面にもゴムのような施しもないので、充電用のコードを抜き差しするたびに動くので地味にストレスです。据え置きとして考えるなら、ゴムマットを活用したり、軽くテープで固定するなどの工夫をした方が良さそうです。

KOVOL 65W 4-IN-1 レビューまとめ

  • 急速充電ができるコスパの良い充電器
  • 据え置き用にも持ち運び用にも使える
  • 使い方にひと工夫を加えるとさらに便利に使いやすく

5,000円以下でこれだけの高機能な充電器が購入できるのはかなりコスパが良いですね。

電源コードが長いので、旅行先でコンセントが奥まったところにあるときなんかにも便利そうです。もちろんカフェなどの電源を最大活用するのにも役立ちますね。

電源コードがやや重たいのは難点であるものの、本体もものすごく軽いので、PC+Kovolで身軽になりそう。

夏の帰省・旅行でも役立つこと間違いなしなので、この機会にゲットしちゃいましょー!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる