愛しのオールドレンズ その2

目次

今回はオールドレンズの紹介

前回、オールドレンズの好きなところをご紹介いたしました。

今回は僕の持ってるオールドレンズを紹介しようと思います。

1.super takumar 55m/f1.8

前回も紹介したオールドレンズの代表。

開放だとフワッとボケて、絞ればそれなりにシャープに写ります。
値段もとてもリーズナブルなのに、この写り。いいですねぇ…
最初に買ったレンズだけど、一番よく使うレンズ。
コンパクトなこのサイズ感も◎

2.helios 44-2

グルグルボケが特徴のこのレンズ。
背景のボケが真ん中を中心にまわっているような感じがいいですね。
普通のレンズでは悪いとされる部分も愛されるのがオールドレンズの良さです。
このレンズもつけっぱなしにしていることが多いです。

▲背景がグルグル回っています

3.Argus CINTAR 28mm F2.8

アーガスシンターというメーカーのレンズ。
アメリカのメーカーのものなんですが、元は日本の富岡光学というメーカーが作っていたそうです。

開放で撮ると滲みがち。(これはこれでオールドレンズっぽくて僕は好きです)

絞るとスッキリするようです。

28mmという広角具合もなかなか使いやすいです。

4.OPTOMAX 35mm f2.8

こちらも日本製のレンズ。
調べてもあんまり詳細出てきませんでした…。

色乗りがいいレンズで、しっかり写る感じです。

35mmってポートレートにも使いやすいです。

まだまだたくさんあるので、またご紹介いたします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる