【おすすめ】MotionElementに入ってみた感想とか

 
映像の幅を広げたい、そんな全映像クリエイターにぴったりな定額制サービスのMotionElementsを今回はご紹介いたします。
 
目次

神コスパサブスク・Motion Elements

 
MotionElementsは動画・写真・音楽、さらにはPremiere Pro(以下Pr)やAfter Effects(以下Ae)のテンプレートも付いて年間25,800円(月割りで2,150円)
これだけたくさん入ってこの値段は本当にオススメです。
 
Motione Elementsでダウンロードできるもの
・After Effects / Premiereのテンプレート・Lut
・音楽・BGM
・写真・映像・GIF
・3Dモデル
・Davinci Resolve / Motionのテンプレート
 

テンプレで映像クオリティが一気に上がる

 
数えきれないほどのAe/Prのテンプレートが使い放題です。
タイトルアニメーションやトランジション(場面切り替え)から、ウェディングや企業系のテンプレまでたくさんあります。
 
 
スライドショーやInstagramのストーリー用の縦長のテンプレなど、画像を入れるだけでいい感じになるものも多数用意されています。

Lutもたくさん

色調補正に欠かせないLUTもあります。
ビンテージな色合いやビビットな色合いまで幅広くて使いやすいものがたくさん!
1つ1つではなく、セットでダウンロードできるので、気になるものはダウンロードして試せます。
 

映像素材・写真素材も

日本・海外問わず映像・写真素材も豊富に取り揃えられています。
ビデオグラファーがさつえいした映像だけでなく、CGやグリーンバックの素材もあるので役立ちまくりです。
 
VR用の360度の動画まであります。
 

ロイヤリティフリーのBGM・効果音も使い放題

動画を制作する上で探すのに悩んでしまうものがBGMですよね。
 
Youtubeでの掲載だったらYoutube オーディオライブラリやNCSなどが使えますが、
Youtube以外に掲載する場合は使えません。
 
Motion ElementsはBGMや効果音も非常に多くのバリエーションがあります。
著作権なども問題なく使えるので、Youtubeはもちろん企業がサイトに設置するPR動画やウェディング動画など使用用途の制限がありません。
 
全体的にボーカルなしのBGMが多いなと感じました。
インタビューなど人の声などが入っている動画の裏で鳴らしておくのに馴染みやすい音楽がたくさんある印象です。
 
VlogのBGMに使うような歌入りのおしゃれな音楽は少なめですので、
そういう音楽をたくさん使いたい人はArtlistやSoundcloudを使うといいでしょう。
 

映像初心者からプロまでおすすめのサービス

映像や音楽からテンプレートまで幅広い素材がダウンロードし放題で定額なのは本当にお得です。
テンプレートはもちろんそのまま使うと映像のクオリティが上がります。
それだけでなく、テンプレートで学ぶこともできます。
どういうエフェクトを使うとテンプレートの表現ができるかを学ぶことで、自分の映像の表現の幅が広がります。
Motion Broのようなスクリプトも便利なのですが、テンプレートの中身をみることはできません。
youtubeでチュートリアルに取り組むのとは別の学びがあります!

年額2万5000円は今だけ!

 
記事中でMotion Elements  は年額2万5000円と記述しているのですが、これは早割の値段だそうです。
いつまでこの値段なのかは明確に書いていないのですが、いつかは高くなってしまうかもしれません。興味があるかたはお早めに!
 
logo
サイトの中で雷のマークがついているものが定額プランで使えるものです。
中には定額プランで使えないもの入っているので、
何が使えるか気になる人は購入する前にこのマークを確認してみてください。
 
motion-elements-top

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる