必要な時だけ。YMYWorldの着脱式ペーパーライクフィルムをレビュー

映像もお絵描きもiPadで楽しめるフィルムってあるかな。

本記事はそんなお悩みを解決します。

今やかなり市民権を得ているペーパーライクフィルム。iPadを使っている人の多くはつけている、あるいは気になっているのではないでしょうか。

Apple Pencilの書き心地が紙にかなり近づく一方、画質が落ちてしまうデメリットもある。

映像や写真を見るときは、やはりiPadの素晴らしいRetinaディスプレイで楽しみたいですよね。

そんな贅沢な悩みを解決してくれるのが着脱式のペーパーライクフィルムです。

今回はYMYWorldの着脱式ペーパーライクフィルムを使用したレビューをご紹介いたします。

本記事の内容
  • YMYWorldの着脱式ペーパーライクフィルムの特徴
  • 1ヶ月以上使ってみた感想

このフィルムは無印iPad、iPad Air、iPad Mini、iPad Proの全てに対応しています

目次

YMYWorldの着脱式ペーパーライクフィルム

同梱物
  • ペーパーライクフィルム本体
  • アルコールシートなど
  • 簡単な説明書・お手紙

YMYWorldの着脱式フィルムは上質紙の書き心地に近いです

なんでも紙の摩擦係数を調べたり、周波数を調べたりと「紙」に対する本気度が違います。

その名の通り着脱できる仕組みを備えています。着脱は何度でも使用できる糊のような素材です。

マグネットでの着脱ではないので、端末への影響もありません。

画面のちらつきを抑えるアンチグレア加工も施されています。指紋もつきにくいので、普段使いできてかなりストレスが軽減されます。

1ヶ月以上使ってみた感想

フィルムの浮きは気にならない

このフィルムは縁が吸着するタイプなので、画面の真ん中部分はくっついていません。

なので「真ん中がくっついていないならフィルムは浮くのでは?」と心配な人もいるかもしれません。

しかし、僕が使用しているうえでは全然気にならず、普通の着脱式でないものと同じ感覚でした。

着脱を繰り返すとだんだん気になるかな、とも思っていたのですがその心配もいらず、同じように使い続けられています。

上下だけ吸着するタイプのものだと、どうしてもフィルムの浮きが気になるようです。また、吸着が磁石のものは、本体にいつ影響を及ぼすかわからないのであまりおすすめではありません。

書き心地もいい感じ

ペーパーライクフィルムの醍醐味である「紙」の質感もいい感じです。

「上質紙に近い書きごこち」とうたっているだけあって、ペン先もきちんと紙のような引っかかりがあり、イラストや文字も書きやすいです。

サラサラした紙っぽい感じなので、画用紙のようなしっかりした引っかかりが欲しい人は不向きかも。

Taku

あまりにも引っかかりがあるフィルムだとペン先もすぐすり減ります。

滲み・画質低下はよくあるフィルムと同じ程度

アンチグレア加工なので、代償として画質は低下します

画面の映りは全体的に滲みますし、光量も抑えられる感じです。

画質に関しては可もなく不可もなく、といった感じです。

久々にiPadの美しいRetinaディスプレイに触れられた

画質は低下するものの、フィルムを外してしまえば綺麗な映像に早変わりです。

それが着脱式のこのフィルムなら実現できます。

いままでアンチグレアに慣れていたのですが、久々の生のRetinaは美しさが違いますね。

映像コンテンツを楽しむ時はやっぱりフィルムなしの繊細な写りで楽しんだ方が、より臨場感を味わうことができます。

YMYWorldの着脱式ペーパーライクフィルムレビューまとめ

  • 着脱式のフィルムが気になっている人はとりあえず試すのが◎
  • ペーパーライクフィルム初心者にもおすすめ

YMYWorldの着脱式ペーパーライクフィルムは、着脱できるという観点からも、ペーパーライクフィルムという観点からも申し分のない商品です。

個人的にはApple Pencilを持っている人にとってペーパーライクフィルムはほぼ必須だと思っているので、少しでも気になった人は要チェックです。

いいとこ取りをした商品で、これといった不満もないのでおすすめです!

ペーパーライクフィルムは使えば使うほどざらつきがなくなる消耗品です。今使っているペーパーライクフィルムの書き心地が微妙になってきた人はこちらに乗り換えてみても良いかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる