【2年目以降もOK】Adobeを安く契約する方法【4万円でフルプラン】

毎年更新が必要なAdobe Creative Cloud(通称 Adobe CC)。

IllustratorやPhotoshop , Premiere Proなどプロが使うソフトが使い放題なのは魅力なのですが、年間7万円という金額の高さがハードルですよね。
ですが、学割を利用することで4万円以下で申し込むことができます。

今回はAdobeを安く契約する方法をご紹介いたします。

2年目以降の人・学生ではない社会人もご利用いただけます!

本記事の内容

  • Adobeの学割契約がおすすめのワケ
  • 学割ができるスクールを2つ紹介
  • 実際の契約方法
  • 2年目以降はどうする?
目次

Adobeは学割契約がお得

冒頭でも書きましたが、Adobeは通常の年間プランの他にも学割があります。

スクロールできます
通常の年間プラン学割
72,336円26,136円

しかし、Adobeの公式から購入する場合、学割は学生限定で、かつ2年目以降は通常の年間プランになります。
そこで活用できるのがデジハリオンラインスクールなどのWEB講座サービスです。

おすすめのスクールサイト

おすすめはデジハリ・オンラインスクールかアドバンスクールです。
どちらもAdobe1年パック+講座がついてきて39,980円(税込)です。

学割単体より値段が高いのは仕方がないですが、その代わり充実した講座がついてくるのはとてもありがたいです。特に初心者の人はフル活用できますね!

Adobe CCの内容自体は一緒なので、講座の内容で比較するといいと思います。

デジハリ・オンラインスクール
アドバンスクール
  • 講座内容
    Ai,Ps,Dw,Ae,Pr,Id
  • 動画閲覧可能期間
    1か月
  • 添削指導あり
    2か月、3回まで
  • 講座内容
    Ai,Ps,Dw,Ae,Pr,Id,Xd,Fr,Dn,Ar,HTML
  • 動画閲覧可能期間
    1年間
デジハリ・オンラインスクールの講座が向いている人
  • 短期間で動画→実践を行って実力を付けたい人
  • 主要なソフト(イラレやフォトショ)を中心に活用する人
アドバンスクールの講座が向いている人
  • 1年間かけてゆっくり動画で学習がしたい人
  • 主要なソフト(イラレやフォトショ)以外にも、最近出たXdやArなどの知識も身につけたい人

僕は今までデジハリ・オンラインスクールで契約していました。

でも今比較してみるとアドバンスクールのほうが魅力的ですね…!

学割でも商用利用OK

多くのサービスでは学割だと商用利用が認められていないことが多いですが、Adobeは商用利用がOKです。

つまり、自分のチラシや動画を作るもよし、クライアントワークで使用するもよし。

通常契約と、学割で契約するのはシンプルに値段が違うだけです。

2年目以降の継続の仕方

デジハリ・オンラインや、アドバンスクールで学割を契約すると、1年間Adobeが自由に使えるようになります。

気になるのは2年目以降ですよね。

結論から言うと、2年目以降も問題なく学割を使用することができます。
学割を2年も契約する場合、下記の2点に気をつけましょう。

  • Adobeの自動更新は無効にしておく→クレカ情報も入力しないほうが◎
  • 契約が切れるギリギリで、スクールの再契約をする

Adobeの自動更新は無効に

Adobeはプランが切れる時期が近づいてくると、「もうすぐ切れるから自動更新の手続きを」というアラートが出ます。

このアラートにのっとって、自動契約の手続き(クレカ情報の入力)をすると、学割終了後自動で1年間本契約の値段で請求が発生します。

そうならないために、自動更新の設定は無効にしておきましょう。

仮に自動更新されてしまってもクレカ情報をが入っていないと請求が立たないので、くれぐれもクレカ情報をAdobeに入力しないようにしましょう

契約が切れるギリギリでスクールを再契約する

契約更新時期の直前になったら、デジハリ・オンラインやアドバンスクールで再度学割のプランを契約します。

すると、スクールからコードが届きます。

Adobeの管理画面の請求情報のところに、コードを入力する画面があるので、そこにコードを入れれば更新完了です。

デジハリ・オンラインで契約していたときは、期限が切れる直前にメールで更新方法の連絡がきました!
こういうサポートはありがたいですね!

最後に

せっかく安く使えるならお得に使いたいですよね!

ぜひAdobeを使う方はスクールから申し込んでください!

毎年お金を払いたくないという人にはAffinityやDavinci Resolveなどの買い切りソフトがおすすめです。
M1 Macbookで脱Adobeを目指して

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる