【ソフト比較】AffinityとIllustratorの比較

イラレは買い切りだけど高いなぁ…Affinity Designer気になる…

本記事ではこんな悩みを解決します。

目次

Affinity Designer vs Illustrator

チラシやバナーなど、グラフィック全般の作成に欠かせないAdobe Illustrator。業界標準のこのソフトは機能も豊富でプロも使う高性能ソフト。これを使えば間違いないことは確かなのですが、サブスク型で値段がそこそこするのがネックです。

一方、Illustratorの代わりとして有名なのがAffinity Designer。買い切りでなおかつ1万円を切る価格が魅力的です。

今回は、Adobe IllustratorとAffinity Designerの比較をし、それぞれどういう人におすすめかご紹介します。

あわせて読みたい
Adobe Illustrator | グラフィックデザインソフト 【アドビ公式】 Adobe Illustratorはベクターベースのグラフィックデザインソフトウェアです。アートワークの大きさを変更しても、鮮やかさと美しさが損なわれることはありません。
Affinity
Affinity Designer – プロフェッショナル向けのグラフィックデザインソフトウェア Windows、Mac、iPadで使えるAffinity Designerは、デザインの世界に新たな業界標準を打ち立てた、受賞歴のあるベクターグラフィックスソフトウェアです。
本記事の内容
  • Affinity DesignerとIllustratorの比較
  • Illustratorにしかできないこと
  • Affinity Designerの優れているポイント
  • それぞれのツールがおすすめの人
あわせて読みたい
iPadをクリエイティブに使うアプリ【脱Adobe】 つい先日Appleの発表があり、巷では新型iPad Proが盛り上がっていますね。 僕は無印iPadの第7世代を使用しているのですが、Apple Pencilも使えて低価格だし性能も十二分...

それぞれの製品の比較

価格の比較

Adobe IllustratorAffinity Desinger
コンプリートパック : 年間 72,336 円(1ヶ月あたり6,028円)
→学割適用 : 年間 39,980円(1ヶ月あたり3,331円)

単品 : 年間 28,776 円 (1ヶ月あたり 2,398円 )
7,000円
(1回の買い切り)
税込価格で計算

毎月、あるいは毎年費用が発生する Adobe Illustratorと比較するとAffinity Designerが買い切りなのは本当にありがたいです。

Adobe製品を購入する場合、デジハリonlineなどのサービスを使用して学割を適用するのが一番お得です!

デジハリonlineのお申し込みはこちらから

あわせて読みたい
【2年目以降もOK】Adobeを安く契約する方法【4万円でフルプラン】 毎年更新が必要なAdobe Creative Cloud(通称 Adobe CC)。 IllustratorやPhotoshop , Premiere Proなどプロが使うソフトが使い放題なのは魅力なのですが、年間7万円と...
詳しい申込方法はこちらから

UI・ツールの比較

Adobe IllustratorとAffinity DesignerのUIはかなり似ています。

使えるツールもかなり似ています。

tool

ざっとよく使うツールの一覧を下記に掲載しています。

IllustratorAffinty Designer
選択ツール
ダイレクト選択ツール
投げ縄ツール○(ダイレクト選択ツールでaltを押しながら)
ペンツール
テキストツール
長方形
角丸長方形
多角形
スター
ブラシ
塗りブラシ×
グラデーション
鉛筆
消しゴム
線幅ツール
自由変形
スポイト
ブレンド×
グラフ×
スライス○(書き出しペルソナで可能)
Taku

だいたいのツールはAffinity Designerでカバーされています!

UIも似ていて、使えるツールもほぼ同じなので、Illustratorを普段から使用している人は違和感なく使いこなせるかと思います。

右側のレイヤーとかのパネルがAffinityは右側に綺麗に並んでいますが、Illustratorのようにパネルごとに切り離すことも可能です。
Illustratorはこれらを「ウインドウ」と呼ぶのに対し、Affinity Designerでは「スタジオ」と呼びます。

他にもAffinityでは「ペルソナ」とか「アセット」とか独特の単語があるので、その辺りは慣れる必要があります。

レイヤーについて

Affinity DesignerのUI

Illustratorではオブジェクトもテキストも、全ての要素は「レイヤー」に含まなければいけません。

Affinity Designerでもレイヤー機能はあるのですが、要素をレイヤーに含めなくてもOKです。この仕様の違いに意外と戸惑いました。

Affinityではレイヤー自体にマスクもかけることができます。使いこなしたら面白そうですね。

もちろんAffinityでもグループ機能も別であるので、Illustratorのグループの代わりというわけではありません。

イラレにしかできないこと

縦書き

Affinityでできないことで有名なのが「縦書き」

海外で開発されていることもあり、縦書き対応はまだまだ先になりそうです。

裏技としてやる方法はありますが、正式対応してもらえることに越したことはありません・・・
日本のユーザーも徐々に増えてきているので、この対応してもらえるのを待ちましょう。

iPad版の解説ですが、PCでも同じようにできます

Affinty Designer VS adobe illustrator

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる